↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

軽自動車の全長はどれくらいが一般的になる?

 

車には、全長の他に全幅や全高などが決まっています。

 

軽自動車の場合は、コンパクトですから、
当然普通乗用車に比べると小さくなります。

 

またサイズは法律で定められているので、
それ以上を超えるボディは作られません。

 

 

 

サイズは、以下のとおりになります。

 

全長は、3400mm以下に。
全幅は1480mm以下に。
全高は2000mm以下に。

 

 

このうち1つでも、1mm大きく作られてしまうと、
軽自動車ではなくなってしまいます。

 

この範囲内で作られている車は、すべて軽自動車になりますね。

 

そのため、室内空間が広い軽自動車は、
サイズをギリギリまで大きく使用しているのでしょう。

 

 

 

ちなみに、軽自動車には全長などのサイズ以外にも、排気量も決まっています。

 

その排気量は、660cc以下。

 

それ以上を超えることはできません。

 

 

 

最近の軽自動車は、大きいものが増えていますよね。

 

これはすべて、全長・全幅をギリギリまで大きくしているから。

 

よって、全長3395mmや全幅1475mmと
設定している軽自動車がほとんどです。

 

 

最近の軽自動車は、サイズだけでなく、
乗り心地なども工夫されているものが増えてきています。

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる