軽自動車の性能について記事一覧

軽自動車というと、普通車と比べて機能面がワンランク下です。その分価格が安くなって手に入れやすいのですが、高速道路を走るとき機能面は大丈夫か心配ですよね?軽自動車でも高速道路を走ることができるので、安心してください。法律で禁じられているわけでもないですし、普通に軽自動車で高速道路を走っている人もたくさんいます。制限速度は2000年9月までは、最高速度80km/hと決まっていました。しかし、2000年...

夏場に車に乗るととても暑いですよね。運転席であれば、エアコンを直接当てたりして涼しくすることもできるのですが、意外と涼しくならないのが後部座席です。後ろのほうにエアコンを送っても、全然冷えません。特に後ろに子供を乗せているときなんかは、子供からの不満も上がるので、何とかしたいですよね。そんな時の対処方法としてまずやってほしいのが、車に乗る前に空気の入れ替えをしましょう。夏場の車の温度はとても高くな...

軽自動車のメーターを見てみると、140キロが最高速度となっていますよね。でもこれがメーター上で140キロとなっているだけなのか、本当に140キロまでしか出ないのかって気になりますよね。軽自動車は直線でスピードを出しても、140キロまでとなっています。その理由はリミッターが働くので、140キロまでしか出ないんです。もし仮にリミッターを外すことができれば、それ以上の速度を出すことができます。ただこれは...

ずっと軽自動車に乗ってワイパーを使っていると、だんだんと効果が薄くなってきます。ワイパーをかけても拭き残しができたり、変な音が出たりすると、ワイパーの交換時期と言われています。雨の日に視界を確保するためにも大切な部分なので、ワイパーが劣化して交換時期になったら早めに交換したほうがいいです。一つの目安としては、1年くらいで交換するのがいいと言われています。メーカーは3年くらいで交換することを想定して...

軽自動車で家族でキャンプに行こうと思ったとき、最も問題になるのが荷物です。軽自動車の場合、トランク部分は狭いので、あまり荷物が載せられません。テントやタープなどを乗せることができるのと心配になりますよね。とはいえ、キャンプのためだけに大きい車に買い替えるというのも現実的じゃありません。そこでおすすめなのが、ルーフボックスやキャリアをつけるという方法です。軽自動車の屋根に荷物を載せることができれば、...

夏・冬はエアコンが活躍しますね。夏は暑いため、エアコンは欠かせません。でも、ちょっとストップ!軽自動車でエアコンをつけると、「動きが悪くなる」と聞いたことがありませんか?だからと言って、真夏日でエアコンをつけずに過ごすのは難しい話。走行中は窓を開けることができますが、それでも生ぬるい風は気持ちが悪いですよね。それでも動きが悪くなるのも困ったもの。まず、軽自動車はエアコンをつけると動きが悪くなるのか...

軽自動車は、コンパクトで小回りが効き、運転しやすいというメリットがあります。そのため、女性で軽自動車を選ぶ方は少なくありません。しかしその反面、振動がが直接体に届きやすかったり、高速道路で不利になったり、エンジンの問題などいろんなマイナス点があります。気軽に運転するにはベストですが、長時間の運転や高速道路の走行には、普通自動車のほうが運転しやすいでしょう。とはいえ、近年は軽自動車でも優秀な車が増え...

オープンカーとは、ご存知のとおり「屋根がない車」のことを言います。風を直接感じることができるので、運転する楽しさを得ることができるでしょう。ただ、すべてオープンになっているので、その分危険性も高くなります。特に車が横転したとき、オープンカーは屋根がないため、身を守ることができません。となると、当然事故による衝撃は大きくなるでしょう。オープンカーのための安全機構の装備が義務づけられていても、屋根のあ...

皆さんは、どんな目的で使うことが多いですか?長距離運転、近場の買い物、ドライブなど、いろんな理由があると思います。もちろんどんな理由でも構いませんが、軽自動車でドライブや長距離運転をする場合、注意しなければいけない点があります。1つは、安全性です。軽自動車が危険というわけではありません。でも、軽自動車は見た目のとおりコンパクトですから、非常に衝撃に弱く、ぶつかってしまった場合大きな事故になりやすい...

ドリフトとは、正しくは「ドリフト走行」と言います。タイヤと路面の摩擦力を使って、スリップ状態にしながら走行します。ドリフトをすると、必然的に”キキキ”と道路にタイヤが擦れる音がします。公道でドリフト音を聞くことは滅多にありませんが、走り屋にとってドリフトは大切です。さて、このドリフトを軽自動車でもできるのか?というのが本題ですよね。結論から言うと、難しいでしょう。かろうじてカプチーノが軽自動車の中...

車を好きにドレスアップして、オリジナルの車を作りませんか?ドレスアップといっても、ひと口にさまざまです。また、少しドレスアップならオシャレですが、あちこちドレスアップをしてしまうと、悪目立ちしてしまう恐れがあります。ですから、ドレスアップをするなら、軽自動車であれ普通自動車であれ「ほどほど」が一番です。一般的には、軽自動車のドレスアップは「恥ずかしい!」という意見がほとんど。ドレスアップの質にもよ...

車のバッテリーは、ある程度使用したら交換をしなければいけません。というのも、ご存知のとおりバッテリーは「消耗品」永久的に使えるものではないからです。また、バッテリーを交換せずに運転していると、何れバッテリーが切れ、エンジンがかからない・かかりにくくなります。走行中にバッテリーが上がってしまうのは大変ですから、交換時期になったらきちんと交換しましょう。さて、軽自動車のバッテリーの交換時期についてです...

フロアマットとは、ご存知のとおり車の下に敷いてあるマットです。車によって異なり、軽自動車なら軽自動車専用のフロアマットを使用しなければいけません。稀に、車にあっていないフロアマットを使用される方がいますが、あっていないマットは危険なので、必ずあったものを使用する必要があります。ですから、軽自動車でフロアマットを敷く場合や交換する場合は、必ず軽自動車用のものを使用しましょう。フロアマットを、ご自身で...

軽自動車はコンパクトで小回りが効きます。でも、それ以外にもさまざまな面でメリットがあるんです。やはり、車を購入すると気になるのが「維持費」です。軽自動車は、普通自動車に比べると維持費が安いのが特徴ですね。近年、負担税が増えつつあると言われていますが、それでも普通自動車に比べると少ないでしょう。また、軽自動車は燃費性に優れていますから、ガソリン代も節約できます。「小さくて乗りにくい」「コンパクトで運...

軽自動車というと、狭いイメージがありますよね。コンパクトですし、大型車のように、室内の広さを重視していないように思われがち。でも、近年の軽自動車は、室内空間の広い車が増えてきています。軽自動車なのに、室内が広々としていて、4人家族なら十分スペースを取ることができます。そのため、最近の軽自動車ン室内空間はバカにできません。軽自動車のように、コンパクトで小回りが利きながら、室内もの広いというのは嬉しい...

軽自動車はコンパクトなので、どうしても乗車人数が少ないと思われがちです。しかし、普通乗用車の中にも、軽自動車とさほど乗車人数が変わらないものはたくさんあります。普通乗用車で大人数が乗れるのは、ワゴンタイプの車ですね。また、最近は軽自動車でも室内空間が広いものが増えており、意外にも大勢を乗せることもできるようになっています。4人乗りは窮屈かな?と思われがちですが、4人なら余裕をもってゆったり乗れる車...