↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

軽自動車はどれくらいの年数で寿命になる?

 

軽自動車は、普通乗用車に比べると寿命にが短いという印象がありますよね。

 

また、普通乗用車から軽自動車に乗り換える場合、
軽自動車の寿命を気にされる方が多いようです。

 

確かに、軽自動車はコンパクトですし、
普通乗用車に比べると衝撃に弱いイメージがあります。

 

そのため、どうしても軽自動車=寿命が短いとイメージしやすいのでしょう。

 

 

でも、実際のところ、軽自動車の寿命はどれだけになるのでしょうか?

 

そもそも車の寿命とは、エンジンの寿命のことを言います。

 

車体が壊れてしまうのは、寿命とは関係ありません。

 

大半は事故によるものですから、寿命で車体に傷が入ったり、
壊れてしまうものではありません。

 

 

エンジンの寿命を考えると、
軽自動車は普通乗用車よりも寿命が短くなってしまいます。

 

とはいえ、決して安く作られているわけではありませんし、
軽自動車のエンジンが脆いというわけでもありません。

 

単純に、排気量に問題があるからなのです。

 

普通乗用車と比べたときに、軽自動車には車体に合った排気量になります。

 

そのため、どうしても普通乗用車と比較してしまうと、
エンジンの寿命が短くなってしまうのでしょう。

 

 

 

小さいボディでパワーを出そうとすると、その分消費されます。

 

エンジンの負荷が大きい軽自動車だからこそ、
普通乗用車に比べると寿命は短くなってしまうのでしょう。

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる