↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

軽自動車を一時抹消するときの手続きについて

 

一時抹消とは、廃車にするときの手続きのひとつです。

 

永久抹消と2つの方法がありますが、一時抹消の場合、
一時的に廃車手続きをするだけですので、
再度登録をすればもう一度公道を走らせることができます。

 

その名のとおり、”一時的ン抹消手続きをする”という意味になります。

 

 

ここでは、軽自動車を一時抹消するときの手続きや流れについて紹介しますね。

 

はじめての方は参考にしてみて下さい。

 

 

まず、一時抹消には手数料がかかります。

 

手数料は350円。

 

業者や行政書士に依頼することもできますが、
この場合2000円〜10000円かかるので高額になってしまいます。

 

面倒ですが、自分で手続きをしたほうが断然お得でしょう。

 

 

一時抹消の手続きをする場所は、軽自動車と普通自動車では異なります。

 

軽自動車は、「軽自動車検査協会」にて行います。

 

 

そして、

 

・ナンバープレートを外す
・必要書類を用意する
・陸運局に行く
・ナンバープレートを返納する
・申請書を運輸局窓口へ
・税金の還付手続き

 

 

の流れに沿って一時抹消登録を行います。

 

 

 

ちなみに、一時抹消に必要な書類は、

 

・車検証
・ナンバープレート前後
・所有者認印(軽自動車は可能)
・印鑑証明書
・申請書
・手数料納付書
・振込先情報

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる