↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

軽自動車にペダルカバーは必要?不要?

 

ペダルカバーは、その名のとおりペダルにつけるカバーのことを言います。

 

滑り止めで使う人や、踏みやすさで選ぶ人さまざまですが、
軽自動車にはペダルカバーは必用なのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、不要です。

 

もちろん、「絶対につけないほうが良い!」というわけではありません。

 

ただ安全面を考えると、
軽自動車の場合ペダルカバーはつけないほうが良いと言われています。

 

 

ではなぜ、軽自動車はペダルカバーをつけないほうが良いのでしょうか?

 

その理由はいくつかありますが、もっとも大きい理由は「フットスペースの幅」です。

 

このスペースが狭い軽自動車は、
ペダルカバーをつけることで靴にブレーキペダルがあたり、引っかかってしまうからです。

 

引っかかってしまうと、アクセルが戻せなくなるので非常に危険。

 

「大きいほうが良いかもしれない」
「ペダルカバーをつけたほうが踏みやすくなるかもしれない」

 

 

「○○かもしれない」という理由でペダルカバーを装着するのは避けたほうが良いでしょう。

 

どうしても気になる方は、購入した車屋で聞いてみるか、
情報サイトなどをチェックすることをオススメします。

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる