↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

軽自動車の車検の基礎知識と継続・新規の検査について

 

車を購入すると、必ず受けなければいけないのが「車検」です。

 

定期的にやってくるので、その時期にはきちんと受ける必要があります。

 

 

 

そんな車検について、基礎知識から車検の継続・新規について紹介したいと思います。

 

はじめての方は必見です。

 

 

 

まず、車検は認証整備工場や指定整備工場などで行われます。

 

認証整備工場とは、国から認証を受けた整備のこと。

 

必要なエンジンやブレーキなどを、分解し整備します。

 

指定整備工場は、民間の車検場になります。

 

いわゆる、一般的な車検ですね。

 

検査機器を持ち、車を点検整備します。

 

さらに、国の代わりに検査員が検査を行います。

 

検査員は、国から認められていることが重要です。

 

 

継続して検査を行う場合は、以下の書類が必要になります。

 

車検前に必ず準備しておきましょう。

 

●印鑑
●車検証
●点検整備記録簿
●軽自動車税納税証明書
●自賠責保険証明書
●自動車重量税納付書
●継続検査申請書軽第3号様式(2号様式)
●軽自動車検査票

 

 

保安基準適合証を用意する場合は、交付を受けた場合のみになります。

 

新規の検査でも、必要書類を準備しなければいけません。

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる