↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

軽自動車のガソリンはどれを選ぶべきか

軽自動車のガソリンというと、「軽油」を考える方が多いようです。

 

確かにガソリンにもいろんな種類がありますから、
どのガソリンを使うべきなのか選択が難しいですよね。

 

特に普通自動車以外の車となると、レギュラーガソリン以外が良いのでは?

 

と、考える方が少なくありません。

 

 

先ほどの「軽油」は、一般的にディーゼルエンジンの燃料として使われます。

 

そのなかでも、バスやトラックなど、
大型のディーゼルエンジンに使うことが多いですね。

 

他にもハイオクもありますが、ハイオクはレギュラーよりも高くなります。

 

その分ノッキングが出にくくなりますが、
基本的に高出力用のガソリンになります。

 

 

ここまで説明しても、車によって選ぶガソリンが違うことが分かりますね。

 

 

 

でも、なぜ軽自動車には軽油を・・・という方がいるのでしょうか?

 

それは、「軽自動車」は「軽」なため、
名称から軽自動車には軽油を使うのでは?という意見が多いからです。

 

軽自動車に軽油を入れてしまうと、故障してしまいます。

 

くれぐれも軽自動車に軽油を入れるようなことは避けましょう。

 

 

日本のガソリンは、「レギュラー」「ハイオク」の2種類から選びます。

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる