↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

オークションで軽自動車を売る場合の注意点

最近は気軽にオークションで車の売買ができるようになりましたね。

 

直接お店に行かなくても、車を買ったり売ったりできるのはとっても便利。

 

でも、オークションを使った売買は、注意も必要です。

 

 

そこでここでは、
軽自動車をオークションで売る場合の注意点を紹介したいと思います。

 

一番気になるのは「名義変更」です。

 

●入金確認後に相手が名義変更
●入金確認後、名義変更完了まで保証金を預かり確認後返金する

 

 

基本的にオークションは便利な分リスクは高くなります。

 

きちんと対応をしないと、
トラブルに巻き込まれる場合がありますので細かいところまでチェックする必要があります。

 

 

 

ちなみに、上記の2つの方法で売る場合、
「入金確認後に相手に名義変更」のほうが安心だと言われています。

 

落札者が、車を渡す前に名義変更をしてもらっていますから、
万が一のことがあっても責任は落札者になります。

 

 

名義変更をせずに車を渡してしまうと、たとえば事故に遭ってしまった場合、
責任は名義人が追うことになります。

 

そうでなくてもオークションは相手がどんな人が分かりませんから、
大事なことは早めに済ませておきましょう。

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる