↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

チャイルドシートを積める軽自動車とは?

チャイルドシートは、ご存知のとおり赤ちゃんを車に乗せるときに使用する安全装置です。

 

でもこのチャイルドシート、製品によって形や大きさが違いますよね。

 

普通自動車であればどのタイプでも積むことはできますが、
軽自動車になると形や大きさをしっかり見ておかないと、

 

「せっかく買ったのに車に設置することができなかった!」

 

なんてことになり兼ねません。

 

 

これは、軽自動車に限ったことではありません。

 

小型車や2ドア車は、特にチャイルドシートをしっかり吟味する必要があります。

 

我が子の安全のためにも、車にあったチャイルドシートを選びましょう。

 

 

ちなみに、

 

●乳児用(10kg未満/新生児〜9か月頃)
●幼児用(9〜18kg未満/9か月〜4歳頃)
●学童用(15〜36kg未満/3歳〜12歳頃)

 

 

さすがに10歳以上でチャイルドシートを使用される方は少ないと思いますが、
チャイルドシートは〜12歳頃までを対象に販売しています。

 

 

 

軽自動車は小型車ですから、
普通自動車用のチャイルドシートはまず設置できません。

 

ついついチャイルドシートの座り心地やデザインなどで選びがちですが、
なるべくは試着をしてから購入するようにしましょう。

 

もし試着が無理でしたら、適合性を調べられるサイトがありますので、
チェックしてみると良いでしょう。

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる