↑私の愛車は相場よりも23万円高く売れました↑

軽自動車にはこのオイルが良い?オイルの正しい選び方

車のオイルといってもひと口にさまざま。

 

車種によって「このオイルが良い」というのもありますね。

 

安心・安全に運転するためにも、オイル選びは重要です。

 

 

そこでここでは、「軽自動車のオイル選び」を紹介したいと思います。

 

まず、オイルには高いオイルと安いオイルがあります。

 

 

一見すると高いオイルのほうが高性能なイメージがありますが、高いからすべて良いというわけではありません。

 

やはり”種類の見極め”が大事ですから、どんな種類があるのかしっかり確認しましょう。

 

 

  1. 鉱物油
  2. 部分全合成油
  3. 全合成油

 

 

一般的に、上記の3つのオイルがあります。

 

この中でもっともスタンダードなオイルは「鉱物油」です。

 

コストパフォーマンスも良く、原油から燃料を取り出し、残油を精製したものを使っています。

 

 

 

オイルを選ぶポイントは、

 

  • 省燃費性
  • コストパフォーマンス
  • スポーツ性

 

 

など、どれを重視するかによって異なります。

 

 

たとえば、燃費性を重視するのであれば、オイルの粘土は低いほうが良いですね。

 

オイルにはオイルの粘土・硬さ、そして熱に対する強さなどが表記されています。

 

それぞれ数字がどういった意味を持つのかも、把握しておくと選びやすくなりますよ。

ユーカーパックを使うだけで一括査定より楽に車を高く売れます!


ユーカーパックなら

  • 買取業者から営業電話が来ない
  • 個人情報が各業者に流れない
  • 出張査定か提携のガソリンスタンドで1回査定するだけでOK
  • 最大2000社によるオークション形式

たくさんの業者と面倒なやり取りなしで高く売ることができます。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる